ここから本文です

スティーヴン・アドラー、2公演連続ガンズ・アンド・ローゼズに参加

BARKS 7月13日(水)18時35分配信

シンシナティ公演(7月6日)に続き、土曜日(9日)ナッシュビルで開かれたガンズ・アンド・ローゼズの公演にスティーヴン・アドラーが出演した。

前回同様、「Out Ta Get Me」と「My Michelle」の2曲をプレイしたという。『Classic Rock』誌によると、アドラーがステージに登場する際、アクセル・ローズは彼を“マイ・ブラザー”と呼んだらしい。シンシナティ公演では「ドラムは、みんなが知っているこの男、スティーヴン・アドラーだ」とだけ紹介したそうなので、より親密度が増しているような……。

スラッシュは公演前に撮影したと思われる、彼、ダフ・マッケイガン、アドラーの3人がステージに立つ写真をインスタグラムに投稿。現ドラマーのフランク・フェラーも「僕の友人スティーヴンと」と、アドラーとの2ショット写真を公開した。メンバーはアドラーを歓迎し、アドラーも楽しんでいるように見える。

アドラーがこの先ずっとツアーに参加するのかは現時点では不明。ガンズ・アンド・ローゼズは、次に火曜日(12日)ピッツバーグでプレイする。

現在のところ、残る1人のオリジナル・メンバー参加の噂は聞こえてこない。ガンズ・アンド・ローゼズの<Not In This Lifetime…>北米ツアーは、8月22日まであと18公演開かれる。

Ako Suzuki

最終更新:7月13日(水)18時35分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。