ここから本文です

『イケVプロジェクト』発V系ダンスバンドVALS、ライブイベントで新曲初披露

BARKS 7月14日(木)17時57分配信

『イケVプロジェクト』から誕生したV系ダンスバンドVALSが7月10日、渋谷 duo MUSIC EXCHANGEにて開催された<SHOUT IT!!! ~Summer Edition~>ライヴイベントに出演、新曲を初披露した。

◆VALS (ヴァルス) 画像

マオ (シド)、tatsuo、カリスマカンタローの3者プロデュースのもと、ソニー・ミュージックレーベルズ、マーヴェリック、ニコニコ動画がタッグを組んで、ヴィジュアル系バンドとダンスを融合した“V系ダンスバンド”を育成する『イケVプロジェクト』から誕生したユニットが、VALSだ。同ライヴは先ごろ開催された『ニコニコ超会議2016』での初お披露目以来のイベント出演となった。

この日のステージでは『ニコニコ超会議2016』にて披露した楽曲「deuce」に加え、新曲「シルエット」を初披露。新曲は「deuce」同様、作詞をマオ (シド)、作曲編曲をtatsuo、ダンスプロデュースをカリスマカンタローが手掛けた超アッパーチューンだ。マオ(シド)、tatsuo、カリスマカンタローの3名もプロデューサーズとしてVALSのライブパフォーマンスを見届けるなど、勢いのある熱いステージでオーディエンスを盛り上げた。

VALSは7月24日、池袋・ニコニコ本社にてイベント<ニコぶくろ夏フェスタ2016>への出演が決定しているほか、これまで1年間にわたって放送してきたニコニコ生放送『イケVプロジェクト』が、今後VALS主体の番組として新たにスタートするとのことだ。

最終更新:7月14日(木)17時57分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。