ここから本文です

ジョー・ペリー、ステージで倒れ入院

BARKS 7月13日(水)18時38分配信

ジョー・ペリーが日曜日(7月10日)、米コニーアイランドでハリウッド・ヴァンパイアーズでパフォーマンス中、体調不良のため公演途中で退場、病院へ搬送された。

◆ジョー・ペリー画像

ペリーは2曲目の「I Got A Line On You」を演奏中、気分が悪くなったようだ。オーディエンスの1人は、ドラムライザーに腰かけギターをプレイしようとするがままならず、ふらついた足取りでステージを去るペリーの姿を撮影した映像をインスタグラムに投稿している。この女性は、ペリーはその後倒れたと伝えた。彼が担架で運び出されるビデオを投稿したオーディエンスもいる。

バンドはショウを続けたが、フロントマンのアリス・クーパーは途中で、「彼は始まる前からすごく具合が悪かった」と話したそうだ。また公演後には、「俺のブラザー@JoePerryのこと心配してくれてありがとう。彼はいま落ち着いている。家族と一緒で、最良のケアを受けている」とツィートした。

まだ正式な発表はないが、『New York Post』紙は、ペリーは心不全を起こしたようだが、現在、容態は安定していると伝えている。

友人のスラッシュやミック・マーズからはお見舞いの言葉がツィートされた。マーズは「早く良くなってほしい。休め、これは命令だ!!!!」とつぶやいた。

お大事に。

Ako Suzuki

最終更新:7月13日(水)18時38分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。