ここから本文です

アルゴリズムがベストセラーになると予想した書籍とは?

ギズモード・ジャパン 7月11日(月)12時10分配信

アルゴリズムランキングと実際のランキングは果たして同じなんでしょうか?

スタンフォード大学の文学ラボの共同創始者のMatthew Jockersさんと元出版社のJodie Archerさんが開発したアルゴリズムによると「どんな本がよく売れるのかという方程式がある」んだそうです。そのアルゴリズムが予想したベストセラーはデイヴ・エガーズ著「ザ・サークル」。シリコンバレーの近未来ディストピアを題材にした内容なんですが、どうなんでしょうか?

たとえば、ニコラス・スパークスにような何作も映画の原作になっちゃうようなベストセラーを連発する人気作家なら、出せば必ず売れるのでアルゴリズムなんて必要ないでしょうけど、それは例外として今回はおいておきましょう。

このアルゴリズムで2万冊以上の小説の構想・テーマ・スタイルを分析した結果、西海岸でFacebook、Twitter、 Googleなどの有名企業を食いつぶしてしまった架空のIT会社が題材となっている「ザ・サークル」が王座に輝いたとのこと。「500ページにおよぶIT業界の風刺」とよばれるこの小説は、「アプリ界のハンガー・ゲーム」のようだともいわれています。

アルゴリズムによってベストセラー1位に予想された「ザ・サークル」は、実際は...発売以来8割がたフィクションカテゴリーのトップ50圏外だそうです。アルゴリズムでは計り知れないものですね。とはいえ、アルゴリズムがテック界のディストピアを扱ったフィクションを「売れる本」と予想するのは、なんだか不思議で面白い気がします。

source: The Bookseller
Angela Chen - Gizmodo US

最終更新:7月11日(月)12時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]