ここから本文です

【インド】タタ・スティール、英国事業売却を保留

INDO WATCHER ビジネスプレミアム 7/11(月) 18:37配信

 製鉄民間大手タタ・スティールは7月8日、英国事業の売却を保留し、ドイツの同業大手ティッセンクルップとの欧州事業での合弁などを検討することを決めた。背景には、英国が欧州連合(EU)から離脱する意向を示したことで、英・欧州経済が不透明になっていることがある。PTI通信が同日付で報じている。

 タタ・スティールの発表によると、取締役会は欧州事業について持続可能性がより高い解決策を求めて複数の選択肢を検討することを決定。すでに合弁を通じた戦略的提携について協議を開始しているが、ステークホルダーとの交渉はこれからで、合弁協議も初期段階にあるため、協議の結果は分からないという。

最終更新:7/11(月) 18:37

INDO WATCHER ビジネスプレミアム