ここから本文です

新船「ブルードルフィン」、青函航路に10月就航 災害時対応の設備も搭載

乗りものニュース 7/11(月) 7:00配信

10月11日から津軽海峡を1日2往復

 津軽海峡フェリーは2016年7月5日(火)、新造船「ブルードルフィン」を10月11日(火)から青森~函館航路に就航させると発表しました。

「ブルードルフィン」は、2014年に青森~函館航路に就航した「ブルーマーメイド」と同型の船です。船名は、2010(平成22)年から青森~函館航路に就航している船から受け継ぎます。名前の由来は津軽海峡フェリーのコーポレートカラーである「ブルー」と、同社のイメージロゴであり、津軽海峡でも見ることができるというイルカといいます。

「ブルードルフィン」が使用される便は、10月11日(火)から12月31日(土)までの期間は、青森発2時40分、14時20分、函館発7時40分、20時15分です。

大規模災害時に役立つ設備を搭載

 新しい「ブルードルフィン」には、「カジュアルクルーズ」をコンセプトに、海を眺められるリクライニングの「ビューシート」をはじめ、1人あたりのスペースが現行の「ブルードルフィン」よりも1.3倍広くなったカーペット敷きの「スタンダード」や、客室数を増やした豪華スイートルームが設けらます。

 また、けが人や病人を搬送するストレッチャーが収容できるエレベーターや多目的トイレ、救護室も備わるほか、大型清水タンクによる陸上への清水供給機能も配備。大規模災害時に「災害時多目的船」として救助活動に寄与できる設備を搭載しています。

 総トン数は約8800t、全長はおよそ144m、定員は583人、速力はおよそ20ノット(約37km/h)です。現行の「ブルードルフィン」と比較すると、総トン数はおよそ1800t増加し、全長はおよそ8m長くなりました。定員と速力はほぼ同じです。

 津軽海峡フェリーは「これからもお客様に安心で安全な船旅を提供するとともに、津軽海峡エリアの魅力を発信し、地域に密着し愛されるフェリー」を目指すとしています。

乗りものニュース編集部

最終更新:7/11(月) 12:18

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。