ここから本文です

石田純一氏が会見 “時間切れ”で出馬断念「きょう昼に決断」【動画付き】

オリコン 7月11日(月)21時45分配信

 東京都知事選(14日告示、31日投開票)への立候補に意欲を示し「野党の統一候補なら立候補する」と明かしていたタレントの石田純一氏(62)が11日、都内で会見を行い「正式に(出馬を)断念いたします」と報告した。

 8日に行われた会見では、待機児童問題や子育て支援など未来の日本を担う子どもたちへの思いを口にしていた石田氏だが、この日「意欲的にはもちろんあったし、大変生意気な条件とかも出させていただきましたが、自分としても政治とか『お前関係ないだろ』『何をわかっているんだ』という扱いも重々承知してました」と心境を吐露。

 「退路を断って引き下がるのも矛盾するところもありましたが、自分の事情もありまして」としつつ「メディアのルール的にタイムリミットがありまして、きょうの昼、12時ぐらいに決断させていただきました」と明かした。

 会見前に放送されたフジテレビ系『直撃ライブグッディ』(月~金曜 後1:45)や読売テレビ・日本テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』(毎週月~金 後1:55~)での電話取材では「端的に言って時間切れです。残念ながら今回は準備不足でした」と事実上の出馬断念と話していたが、会見で改めて自らの口で報告した。

 また、スポンサーやテレビ番組の違約金については「まだ発生しているわけではなく、協議となる。メディアのルールというか、掟がありまして、不偏不党のルールがあり、公示前でも差し替えのタイムリミットが11日である」と語った。

 石田氏は1954年生まれ、東京都出身。1979年にNHKドラマ『あめりか物語』で俳優デビュー。80年代に多数のトレンディードラマに出演して人気を集め、97年にテレビ朝日『スーパーJチャンネル』のキャスター就任するも「不倫は文化」発言で世間の反感を買い、1年でキャスターを降板。その後、バラエティー番組を中心としたタレント活動で人気を回復させた。

 プライベートでは早稲田大学在学中に結婚し、俳優・いしだ壱成が誕生するも離婚。88年に女優の松原千明と結婚し、99年に離婚。2009年にプロゴルファーの東尾理子と結婚。最初の妻との間に誕生したのは俳優のいしだ壱成、松原との間に誕生したのはタレントのすみれ。東尾との間にも男児と女児が誕生している。

オリコンNewS

最終更新:7月11日(月)21時45分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。