ここから本文です

「ゆるキャラ」新幹線 熊本復興願い運行

qBiz 西日本新聞経済電子版 7月11日(月)11時21分配信

 熊本地震からの一日も早い復興を願い、九州各県の「ゆるキャラ」をあしらった九州新幹線のラッピング列車が9日、運行を始めた。福岡市博多区のJR博多駅であった出発式にはゆるキャラたちが駆け付け、「九州は一つ」の思いを乗せて走りだす列車を見送った。

⇒JR豊肥線(豊後荻-阿蘇)再開 地震から86日ぶり

 地震で落ち込む九州の観光を盛り上げようと、JR九州と九州観光推進機構が企画。列車には、ゆるキャラ10体が列をつくり「電車ごっこ」をしている絵や「元気に!九州」の文字がデザインされている。

 ラッピング列車は9月30日まで新大阪-鹿児島中央で運行する。JR九州の担当者は「多くの人に、九州の元気な姿を見に来てほしい」と話した。

西日本新聞社

最終更新:7月11日(月)11時21分

qBiz 西日本新聞経済電子版