ここから本文です

マレーが2セット連取で2度目の優勝に王手 [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7月11日(月)0時2分配信

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)の男子シングルス決勝で、第2シードのアンディ・マレー(イギリス)と第6シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)が対戦。第1セットを6-4で先取したマレーが第2セットも7-6(3)で奪い、3年ぶりの優勝に王手をかけた。

マレーがベルディヒを破り、決勝でラオニッチと対戦へ [ウィンブルドン]

 マレーとラオニッチの過去の対戦成績はマレーから6勝3敗で、今シーズンはマレーが3連勝。1月の全豪オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)準決勝では4-6 7-5 6-7(4) 6-4 6-2で、4月のモンテカルロ(ATP1000/クレーコート)の準々決勝では6-2 6-0で、前哨戦のロンドン(ATP500/グラスコート)の決勝では6-7(5) 6-4 6-3で、いずれもマレーが勝っている。

 ウィンブルドンには9年連続11回目の出場となるマレー。2013年には地元イギリス人選手として77年ぶりの優勝を飾っている。昨年は準決勝で、ロジャー・フェデラー(スイス)に5-7 5-7 4-6で敗れていた。

 ラオニッチはウィンブルドンには2011年から6年連続出場。昨年は3回戦で、ニック・キリオス(オーストラリア)に7-5 5-7 6-7(3) 3-6で敗れていた。準決勝では第3シードのフェデラーを6-3 6-7(3) 4-6 7-5 6-3で破り、自身初のグランドスラム決勝進出を果たしている。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 10: Andy Murray of Great Britain plays a backhand during the Men's Singles Final against Milos Raonic of Canada on day thirteen of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 10, 2016 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:7月11日(月)0時8分

THE TENNIS DAILY