ここから本文です

鉄スクラップ、対韓価格2週連続安

日刊産業新聞 7/11(月) 11:21配信

 韓国向け新規鉄スクラップ輸出価格が2週連続で下落した。商社・シッパー筋によると、先週中の新規鉄スクラップ輸出商談で韓国・現代製鉄が日本側に対してFOBトン当たり1万8000円(H2)を提示。前週比で500円安い。Brexit(イギリスのEU離脱)決定以降、為替が対ドルで円高進行し、アジアの鉄スクラップ輸出市場で競合する米国に対して日本の鉄スクラップの割安感がなくなるなど、「輸出環境の悪化から下げ圧力が強まった。輸出マーケットは買い手市場が続いている」(商社)との声も聞かれる。

最終更新:7/11(月) 11:21

日刊産業新聞