ここから本文です

【速報】マレー 全英3年ぶり2度目V、四大大会3勝目<男子テニス>

tennis365.net 7月11日(月)1時0分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は10日、男子シングルス決勝戦が行われ、第2シードのA・マレー(英国)が第6シードのM・ラオニチ(カナダ)を6-4, 7-6 (7-3), 7-6 (7-2)のストレートで下し、2013年以来3年ぶり2度目の優勝を果たした。四大大会は3勝目、キャリア通算では38勝目となった。

マレーvsラオニチ 1ポイント詳細

今年の全豪オープン・全仏・オープン決勝で世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れて準優勝だったマレーは、この日ビッグサーバーのラオニチを圧倒。第1セットの第7ゲームでブレークに成功すると勢いに乗った。

そして第2・第3セットをタイブレークの末に連取し、自身2度目の地元優勝。マレーは決勝戦で1度もブレークを許さない完璧なサービスゲームを展開した。

今年の全仏オープン終了後、2014年まで共に戦っていた元世界ランク1位のI・レンドル(アメリカ)を再びコーチに招き、前哨戦の(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)で2連覇達成と大会史上最多5度目の優勝を飾って今大会へ臨んでいた。

マレーは2012年の全米オープンで四大大会初優勝を果たした。2013年のウィンブルドンでは1936年のフレッド・ペリー以来77年ぶりの地元優勝の快挙を達成。今大会を含め、グランドスラム3つのタイトルを獲得した時のコーチはレンドルとなっている。

一方、男女を通じてカナダ人初の四大大会初優勝とはならなかったラオニチは、準決勝でウィンブルドン7度の優勝を誇る第3シードのR・フェデラー(スイス)との死闘を制し、四大大会初の決勝進出を果たしていた。

ラオニチの他にカナダ人では、2014年のウィンブルドン女子シングルスでE・ブシャール(カナダ)が準優勝を飾っている。


【マレーvsラオニチ 過去の対戦成績】

<2016年>
ウィンブルドン決勝 A・マレー 6-4, 7-6 (7-3), 7-6 (7-2) M・ラオニチ

AEGON選手権決勝 A・マレー 6-7 (5-7), 6-4, 6-3 M・ラオニチ

モンテカルロ・マスターズ準々決勝 A・マレー 6-2, 6-0 M・ラオニチ

全豪オープン準決勝 A・マレー 4-6, 7-5, 6-7 (4-7), 6-4, 6-2 M・ラオニチ


<2015年>
ムチュア・マドリッド・オープン準々決勝 A・マレー 6-4, 7-5 M・ラオニチ


<2014年>
ATPツアーファイナル予選 A・マレー 6-3, 7-5 M・ラオニチ

BNPパリバ・オープン4回戦 M・ラオニチ 4-6, 7-5, 6-3 A・マレー


<2012年>
楽天ジャパン・オープン準決勝 M・ラオニチ 6-3, 6-7 (5-7), 7-6 (7-4) A・マレー

全米オープン4回戦 A・マレー 6-4, 6-4, 6-2 M・ラオニチ

W&Sマスターズ3回戦 M・ラオニチ 棄権 A・マレー

バルセロナ・オープン準々決勝 M・ラオニチ 6-4, 7-6 (7-3) A・マレー

マイアミ・オープン3回戦 A・マレー 棄権 M・ラオニチ

tennis365.net

最終更新:7月11日(月)2時31分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]