ここから本文です

参院選 野上氏3選 柴田氏(比例)は落選/富山

チューリップテレビ 7月11日(月)13時59分配信

 10日投票が行われた参議院選挙は、富山選挙区では、自民党・現職の野上浩太郎氏が3度目の当選を果たし、比例の民進党・現職、柴田巧氏は、落選しました。
 現職1人と新人2人が定数1を争った参院選・富山選挙区は、自民党・現職の野上浩太郎氏が33万9055票を獲得し、3選を果たしました。

 「引き続き3期目、富山県のため日本のため、そして、希望の持てる未来のために、全身全霊で働いて参ります」(自民党・現・野上浩太郎氏)

 野上氏は、県内すべての市町村で相手候補の得票を上回り、このうち、高岡市など6つの市町村では、得票率が7割を超えました。

 一方、比例代表で民進党から出馬した現職の柴田巧氏は、2度目の当選を果たすことができませんでした。

 「大きい組織・団体を持っている人に有利に間違いなく働く制度だと、改めて感じました。個人後援会しかない私の場合、限界を感じざるを得ない」(民進党・現・柴田巧氏)

チューリップテレビ

最終更新:7月11日(月)13時59分

チューリップテレビ