ここから本文です

京都・岐阜で36℃予想 東・西日本の各地に高温注意情報

ウェザーマップ 7月11日(月)6時46分配信

 きのう10日は館林(群馬)で気温が35.2℃まで上がり猛暑日となった。きょうも東日本や西日本の広い範囲で、30℃以上の真夏日になる見込みで、名古屋では今年初めて最高気温が35℃以上の猛暑日になる予想だ。東北でも30℃近くまで気温が上がり、真夏並みの暑さとなる見通し。

<11日の予想最高気温>
36℃ 岐阜、京都
35℃ 熊谷(埼玉)、飯田(長野)、甲府、名古屋、上野(三重)、名瀬(鹿児島)
34℃ 前橋(群馬)、津(三重)、大津(滋賀)、大阪など
33℃ さいたま、東京、奈良、那覇など

<高温注意情報(午前5時)>
群馬、埼玉、山梨、長野、静岡、愛知、岐阜、三重、京都、大阪、奄美、沖縄本島

 また、湿った空気が流れ込むため、湿度も高く、蒸し暑くなる見込み。こまめな水分と塩分の補給を心がけたり、直射日光を避けたりするなど、熱中症にならないように注意が必要だ。

最終更新:7月11日(月)6時55分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。