ここから本文です

マレー 地元全英3年ぶり2度目Vに涙、グランドスラム3勝目<男子テニス>

tennis365.net 7月11日(月)1時29分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は10日、男子シングルス決勝戦が行われ、第2シードのA・マレー(英国)が第6シードのM・ラオニチ(カナダ)を6-4, 7-6 (7-3), 7-6 (7-2)のストレートで下し、2013年以来3年ぶり2度目の地元優勝を果たした。グランドスラムは3勝目、キャリア通算では38勝目。試合時間は2時間48分だった。

マレーvsラオニチ 1ポイント詳細

決勝戦、マレーは1度もブレークを許さない完璧なサービスゲームを展開。第1セットで1ブレークに成功、第2・第3セットはタイブレークの末に連取した。優勝を決めたマレーはベンチで涙を流し、自身2度目の地元優勝を噛み締めた。

マレーは2012年の全米オープンで四大大会初優勝を果たした。2013年のウィンブルドンでは1936年のフレッド・ペリー以来77年ぶりの地元優勝の快挙を達成。今大会を含め、グランドスラム3つのタイトルを獲得した時のコーチはI・レンドル(アメリカ)となっている。

一方、男女を通じてカナダ人初の四大大会初優勝とはならなかったラオニチは、準決勝でウィンブルドン7度の優勝を誇る第3シードのR・フェデラー(スイス)との死闘を制し、四大大会初の決勝進出を果たしていた。

ラオニチの他にカナダ人では、2014年のウィンブルドン女子シングルスでE・ブシャール(カナダ)が準優勝を飾っている。


【マレーvsラオニチ 過去の対戦成績】

<2016年>
ウィンブルドン決勝 A・マレー 6-4, 7-6 (7-3), 7-6 (7-2) M・ラオニチ


AEGON選手権決勝 A・マレー 6-7 (5-7), 6-4, 6-3 M・ラオニチ

モンテカルロ・マスターズ準々決勝 A・マレー 6-2, 6-0 M・ラオニチ

全豪オープン準決勝 A・マレー 4-6, 7-5, 6-7 (4-7), 6-4, 6-2 M・ラオニチ


<2015年>
ムチュア・マドリッド・オープン準々決勝 A・マレー 6-4, 7-5 M・ラオニチ


<2014年>
ATPツアーファイナル予選 A・マレー 6-3, 7-5 M・ラオニチ

BNPパリバ・オープン4回戦 M・ラオニチ 4-6, 7-5, 6-3 A・マレー


<2012年>
楽天ジャパン・オープン準決勝 M・ラオニチ 6-3, 6-7 (5-7), 7-6 (7-4) A・マレー

全米オープン4回戦 A・マレー 6-4, 6-4, 6-2 M・ラオニチ

W&Sマスターズ3回戦 M・ラオニチ 棄権 A・マレー

バルセロナ・オープン準々決勝 M・ラオニチ 6-4, 7-6 (7-3) A・マレー

マイアミ・オープン3回戦 A・マレー 棄権 M・ラオニチ

tennis365.net

最終更新:7月11日(月)2時32分

tennis365.net