ここから本文です

沖縄は高温 東北は低温 異常天候早期警戒情報

ウェザーマップ 7月11日(月)14時40分配信

 先週末は厳しい暑さがいったんおさまり、8日(金)と9日(土)は全国で35℃以上の猛暑日を観測した地点はなかった。しかし、きのうから暑さがぶり返し、きょう11日は午後2時半現在、東日本を中心に20地点で猛暑日となっている。また、南西諸島も晴れて気温が高く、鹿児島県屋久島町で午後1時過ぎに33.6℃と今年一番の暑さを観測した。

■沖縄 厳しい暑さ続く

 今週の沖縄は晴れてる日が多く、気温の高い状態が続く見通し。特に、16日(土)からの1週間は、気温が平年よりかなり高くなるとして、沖縄気象台は「高温に関する異常天候早期警戒情報」を発表して、農作物や体調の管理に注意するよう呼びかけている。

■東北 来週は気温低く

 東北は今後1週間程度は平年並みの気温が予想されるが、19日(火)頃からの1週間は平年よりかなり低くなる見込み。このため、仙台管区気象台は「低温に関する異常天候早期警戒情報」を発表した。今後は、農作物の管理や気象情報に留意する必要がある。

最終更新:7月11日(月)14時45分

ウェザーマップ