ここから本文です

最新のジャガーでサーキット走行を体験!「ジャガードライビングエクスペリエンス」開催

オートックワン 7/11(月) 17:31配信

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、6月30日に富士スピードウェイショートサーキットにおいて「JAGUAR DRIVING EXPERIENCE(ジャガードライビングエクスペリエンス)」を開催した。

ジャガードライビングエクスペリエンス フォトギャラリー

これは同社の顧客向けに開催されたもので、抽選で当選したジャガーとランドローバーのオーナーが、ジャガーのパフォーマンスを体感するとともに、運転技術を習得するプログラムを体験した。

そんな特別なプログラムに、オートックワン編集部も体験取材することができた。

当日用意されていたのはFタイプクーペ/XF/XEの3台。いずれもV6 3.0リッター直噴スーパーチャージドエンジンを搭載し、スポーツカーのFタイプクーペは380馬力、スポーティラグジュアリーサルーンのXF/XEは340馬力を発揮するモデルだ。

ジャガーというとイギリス生まれのエレガントな高級車というイメージがあるかもしれないが、実は多くのスポーツモデルを世に送り出しており、現在ラインナップされているモデルもジャガーのスポーティな血統を受け継いでいる。

まずは講師が運転する先導車に付いて、サーキットの完熟走行を開始。はじめはノーマルモードで走行し、コースの確認や車両に慣れる。筆者が乗り込んだのはXEで、3台の中では最もコンパクトなセダンだ。

スポーツ性能と上質感を両立するジャガーとあって、XEはコンパクトなボディを活かして、タイトなコーナーも難なくクリアしていく。それはXFも同様で、エレガントな中にもスポーツ性能の高さを証明するような走りをみせてくれた。

3周ほど走行したあと、チェッカーフラッグのスイッチをONしてダイナミックモードに切り替え、ノーマルモードとの違いを味わった。ダイナミックモードに切り替えるとアクセルやステアリングの感覚が変わり、よりダイレクト感が増す印象を受けた。

つづいてスポーツカーのFタイプクーペを試乗。

流石はスポーツカー!といった感じで、XF/XEとは一味違うスピード感を味わえるのと同時に、スポーティなエンジンサウンドが響いてくる。また、挙動が安定しているので、サーキットを攻める楽しさがより一層アップし、運転が上手になった気がした。

正味1時間のサーキット走行だが、非常に中身が濃い体験試乗となった。

ジャガードライビングエクスペリエンスでは、講師が無線でアドバイスをしてくれたり、アウトインアウトでの走行がしやすいように、コーナーのクリッピングポイント(コーナーの一番内側の部分)にパイロンが置いてあるなど、サーキットが初めての人でも安心なプログラムになっている。

次回は9月頃に開催予定とのこと。また。東名阪で同様のイベントを開催する予定もあるということなので、ジャガー・ランドローバー車のオーナーの方は、ぜひ応募してみてはいかがだろうか。

最終更新:7/11(月) 17:31

オートックワン