ここから本文です

「残業ゼロ、満員電車ゼロを目指す」小池百合子氏が掲げる“東京大改革宣言”

ログミー 7月11日(月)18時8分配信

3つの新しい東京を作る

司会者:幹事の日経新聞のイワムラと申します。ただいまから小池先生の会見を始めさせていただきます。まず冒頭にご説明いただいた上で、質疑というかたちで。あと、先生は後ろに予定がありまして、会見全体30分程度を予定しておりますのでご協力お願いいたします。

小池百合子氏(以下、小池):みなさまこんにちは。小池百合子でございます。このたびの東京都知事選にあたりまして、私出馬をすることといたしております。

何度かすでにご説明させていただいておりますけれども、改めまして私の政策についてご説明をさせていただきます。

まず、基本姿勢としての「東京大改革宣言」でございます。

これまでご説明をしてまいりましたものをまとめたものでございます。

もちろん、政策を実行していくためには環境を整えてまいらなければなりません。

そのために、都政の透明化。オリンピック・パラリンピック関連の予算。そしてその運営の適正化。行財政改革の推進。そして身を切る改革ということで、都知事の報酬の削減。

これらをまず基本的に抑えた上で、最後に特区制度の徹底活用という項目を設けさせていただきました。

そして東京の課題解決をし、成長を創出していくと。そのために3つの新しい東京を作ってまいります。

その3つの東京というのは、セーフシティ。ダイバーシティ。もちろんこれは英語になりますとSに変わります。そして、スマートシティでございます。

セーフシティについては、より安心し、より安全で、より元気な首都、東京を作ってまいります。

ダイバーシティ。これは女性も、男性も、子供も、そしてシニアも、障害のある方々も、みんなが生き生きと生活してそして活躍できる都市、東京にしていくということでございます。

3番目のスマートシティでございますけれども、世界のなかの日本、そしてその首都、東京でございます。

世界に開かれて、そしてかつ環境・金融・先進都市東京を作ってまいります。

1/4ページ

最終更新:7月12日(火)21時26分

ログミー

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。