ここから本文です

ジュニア女子ダブルスはアルコナーダ/リューが優勝 [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7月11日(月)9時0分配信

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)のジュニアの部の女子ダブルス決勝は、第4シードのウスエ マイタネ・アルコナーダ/クレア・リュー(ともにアメリカ)がマリアム・ボルクヴァゼ(グルジア)/キャティ・マクナリー(アメリカ)を6-2 6-3で下して優勝を果たした。試合時間は58分。

 ふたりはシングルスにも出場していたが、ともに準々決勝で敗退。第9シードのアルコナーダが第4シードのアナスタシア・ポタポワ(ロシア)に3-6 2-6で、リューは第7シードのディアナ・ヤストランスカ(ウクライナ)に1-6 4-6で敗れていた。

 アルコナーダ/リューは1回戦で内藤祐希(TEAM YONEZAWA)/ララ・サルデン(ベルギー)を6-1 2-6 6-2で、準々決勝で第5シードのソフィア・ケニン(アメリカ)/モニカ・キルナロバ(チェコ)を6-1 6-7(2) 6-3で、準決勝では第1シードのオレーシャ・ペルブシナ(ロシア)/ポタポワを7-5 6-4で破って勝ち上がっていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【ジュニア女子ダブルス決勝】

○9ウスエ マイタネ・アルコナーダ/クレア・リュー(アメリカ)[4] 6-2 6-3 ●28マリアム・ボルクヴァゼ/キャティ・マクナリー(グルジア/アメリカ)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:7月11日(月)9時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。