ここから本文です

巨人ゴリアテ伝説のペリシテ人、墓地発掘で解明に期待

AFPBB News 7月11日(月)11時19分配信

(c)AFPBB News

【7月11日 AFP】イスラエル南部のペリシテ人の墓地で史上初となる発掘調査が行われており、掘り起こされた人骨によって謎に包まれていた彼らの文化がついに解明されると期待されている。旧約聖書に登場する巨人ゴリアテ(Goliath)もペリシテ人として知られる。

 ペリシテ人は3000年ほど前にバビロニア軍によって滅ぼされた。墓地は地中海(Mediterranean Sea)沿岸の都市アシュケロン(Ashkelon)にあり、調査にあたっている米国の考古学者は、埋葬室の一つを慎重に発掘していた。

「この発見は最高の成果だ。ついに彼らと対面することができた」と、1985年から発掘調査を率いている考古学者のダニエル・マスター(Daniel Master)氏は言う。調査はレオン・レビー調査隊(Leon Levy Expedition)がハーバード大学セム博物館(Harvard Semitic Museum)などと共同で行っている。

「発見された145体の遺骨から、ペリシテ人の葬送慣習を解明するだけでなく、その暮らしぶりを生き生きと捉える手掛かりを得ることを期待している」と、マスター氏はAFPに語った。6月28日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:7月14日(木)10時34分

AFPBB News