ここから本文です

【MLB】前田健太が貫禄の8勝目! 7回2安打1失点で自己最多13Kの快投披露!

Full-Count 7月11日(月)7時59分配信

前半戦最終戦で最高パフォーマンス、毎回奪三振で同地区パドレスを圧倒!

 ドジャース前田健太投手は10日(日本時間11日)、本拠地でのパドレス戦に先発し、自己最多13奪三振を記録する快投で、今季8勝目(6敗)を飾った。今季最長タイ7回を投げて、2安打13奪三振無四球1失点(自責1)とパドレス打線を圧倒。前半戦最終戦を最高のパフォーマンスで締めくくった。チームは3-1で勝利した。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 3度目の対戦となった同地区パドレスを相手に、初回から攻めた。低めに制球された速球を軸としながら、カーブで打者のバランスを崩す。そこへ切れの良かったスライダーとチェンジアップが加われば鬼に金棒だ。奪三振ショーは初回からスタートした。

 初回に先頭アップトンを空振り三振とすると、続くマイヤーズも空振り三振。3者凡退で好発進すると、味方打線も早々に援護点を挙げてくれた。

 2回1死からディッカーソンにセンター前安打を許すも、その後から9者連続凡退。この日、唯一の失点は5回1死からノリスに許したレフトへのソロ弾だった。

 リズムをつかんだ前田は、一度も相手に流れを引き渡さないまま、面白いように三振とアウトの山を築いていく。5回2死からラミレスを空振り三振とし、自己最多タイの9奪三振。6回に3者連続三振に仕留めて一気に自己最多記録を更新すると、7回にも先頭ケンプを空振り三振に斬って13奪三振とした。

 圧巻だったのは奪三振数だけではない。制球が光ったこの日の四球は0。無四球登板は、デビュー戦だった4月6日パドレス戦以来2度目のことだった。

 メジャー自己最長タイとなる7回を投げて97球(69ストライク)で降板した。防御率を2.95とした。

 前半戦を最高の形で締めくくった前田のパフォーマンスは、エース左腕カーショーを怪我で欠くドジャースにとって心強いものとなった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月12日(火)13時40分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]