ここから本文です

中国の大学が建てた新しいビルが「便器」に酷似

ギズモード・ジャパン 7月11日(月)20時40分配信

しかも水資源と水力発電を専門とした大学という…。

中国の華北水利水電大学が、素敵なビルを新築しました。が、この形…便器に似すぎているんです。もうこの直方体部分には水洗用の水が入っているようにしか見えません(あともしかして節水用ペットボトルも)。「水利水電大学」であるだけに、わざとこんな形にしたのかも?と話題です。しかもMashableによれば、風水的にはなかなか良いデザインだという説もあります。

こちらはPeople's Daily, Chinaが空撮した映像(https://youtu.be/mk4Tqe__Vt4)。うーん、やっぱり便器…ですね…。

中国のトイレっぽい建築といえば、中国中央テレビ本社ビルは「便器に座ってズボンを下ろした人間の下半身にそっくり」だってことで、別名「巨大パンツ」と呼ばれているそうです。この巨大パンツと、上の便器ビル、誰かが今頃コラージュしていることでしょう。

これ以外にも、男性器そっくりの人民日報ビルとか、女性器そっくりの北京空港とか、または下ネタじゃないにしろ急須みたいなビルとか、中国はなんでその形に…と思う建築には事欠きません。

ただ中国政府はこの手のヘンテコ建築が乱立しすぎたことを問題視し、奇抜な建造物には建築許可を出さないことにして、今や衛星で監視までしているそうです。それでもこの便器ビルが建ちえたのは、監視が厳しくなる前に建築が始まったからなのか、それともこの直方体+円柱の一見シンプルな形で気づかれなかったのか…。

Top image by People's Daily, China / YouTube
source: 新華社通信 via Mashable, People's Daily, China
(miho)

最終更新:7月11日(月)20時40分

ギズモード・ジャパン