ここから本文です

敬徳・前田が完封 敬徳2-0武雄  高校野球佐賀大会・1回戦

佐賀新聞 7月11日(月)12時28分配信

 敬徳が主戦前田智の力投で武雄に完封勝ちを収めた。

 敬徳は三回、1番井手の三塁線を破る二塁打と3番坂本の右前適時打で1点を先制。七回には2死から8番山下が四球で出塁し、代打瀬戸口の右越え三塁打で追加点を挙げた。守備陣も手堅いプレーで前田智を助け、相手に三塁を踏ませなかった。

 武雄は中盤まで打線がつながらず、八回と九回に連打で好機をつくったが後が続かなかった。

敬徳・前田智仁のコメント

 (150球を投げ完封) 変化球で打ち取れたが、ボールが多かったのが反省点。次はストライク先行でいきたい。

最終更新:7月11日(月)12時28分

佐賀新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。