ここから本文です

涙のC・ロナウド、無念の負傷退場 EURO決勝戦は0-0のまま後半へ

theWORLD(ザ・ワールド) 7月11日(月)4時48分配信

ポルトガルは結束が固まるか

Final ポルトガル フランス
2016年7月10日/サン=ドニ/現地21時キックオフ

フランスは準決勝でドイツに2-0で勝利したときと同じスタメンが並び、対するポルトガルは太ももを負傷しチームを離れていたDFぺぺ、ウェールズ戦では出場停止だったMFウィリアム・カルバーリョが復帰し両チームともにベストなメンバーが揃った。

序盤、フランスは前線から積極的に守備を仕掛け、ポルトガルはカウンター攻撃からチャンスを窺う展開となる。フランスがポルトガルのゴール前まで押しこむ展開が続くと10分、MFパイェが左サイドからFWグリーズマンにピンポイントクロスを送り込む。これを頭で合わせてゴール左上を狙ってヘディングシュートを放つもGKルイ・パトリシオが好セーブを見せる。

悲願の初優勝を目指すポルトガルだったが、17分にアクシデントが発生する。MFパイェのタックルを受けたC・ロナウドがピッチに倒れこむ。一度は治療を受け、ピッチに戻るも結局、プレイが続けられないと判断され、25分にFWクアレスマと交代しピッチを去ることになった。2004年の決勝で敗れ涙を流したC・ロナウドは、優勝して歓喜の涙に変えると誓っていたが、無念の負傷交代。ピッチを離れるC・ロナウドの目には涙が浮かんだ。

34分にはフランスMFムサ・シソコがシュートを放ち、決定機を迎えるもスコアは動かないまま前半が終了。0-0で後半へ突入する。

[ポルトガル代表]
監督
フェルナンド・サントス

GK
ルイ・パトリシオ(スポルティング)

DF
セドリック・ソアレス(サウサンプトン/イングランド)
ぺぺ(レアル・マドリード/スペイン)
ジョゼ・フォンテ(サウサンプトン/イングランド)
ラファエル・ゲレイロ(ドルトムント/ドイツ)

MF
ウィリアム・カルバーリョ(スポルティング)
レナト・サンチェス(ベンフィカ)
アドリエン・シウバ(スポルティング)
ジョアン・マリオ(スポルティング)

FW
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード/スペイン)
ナニ(フェネルバフチェ/トルコ)

交代出場
25分 リカルド・クアレスマ(ベシクタシュ/トルコ)
(OUT クリスティアーノ・ロナウド)

[フランス代表]
監督
ディディエ・デシャン

GK
ウーゴ・ロリス(トッテナム/イングランド)

DF
バカリ・サニャ(マンチェスター・シティ/イングランド)
ローラン・コシエルニー(アーセナル/イングランド)
サミュエル・ウンティティ(リヨン/フランス)
パトリス・エヴラ(ユヴェントス/イタリア)

MF
ポール・ポグバ(ユヴェントス/イタリア)
ブレーズ・マテュイディ(パリ・サンジェルマン)
ムサ・シソコ(ニューカッスル/イングランド)
アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード/スペイン)
ディミトリ・パイェ(ウェストハム/イングランド)

FW
オリヴィエ・ジルー(アーセナル/イングランド)

※所属チームは、2015/16シーズンです。

[得点](前半終了時)
ポルトガル 0
フランス 0

最終更新:7月11日(月)4時55分

theWORLD(ザ・ワールド)

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。