ここから本文です

「子連れ狼」の英語版リメイクが2017年から撮影を開始予定

ギズモード・ジャパン 7月11日(月)21時40分配信

ちゃーん!!

日本を代表するスプラッター時代劇「子連れ狼」の英語版でのリメイクが決まり、その撮影が2017年から開始される模様です。

「子連れ狼」といえば、アメコミにも大きな影響を与えた、小池一夫さん原作、小島剛夕さん作画の漫画「子連れ狼」を原作とするテレビドラマ/映画で、国内外を問わず人気の高い作品です。歴史に残る残虐描写は数え切れないほどの映画人に影響を与え、ハリウッドにもその要素は取り入れられてきました。

Varietyによると、そんな「子連れ狼」の映画化権を、実写版「攻殻機動隊」を製作中のSP International Picturesが獲得したとのこと。

リメイクされるのは、1993年に公開された田村正和さん主演の「子連れ狼 その小さき手に」。同シリーズの長年の大ファンで、今回のリメイクに関して、言葉にできないほど興奮しているというプロデューサーのスティーブン・ポール氏は、メインキャストに日本人を起用すると話しているそうです。

監督は誰になるのか? そして出演する日本人の俳優が誰になるのか?など、今後の展開が非常に気になります。

Image by MangaReader via io9
source: Variety
Germain Lussier - Gizmodo io9

最終更新:7月11日(月)21時40分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]