ここから本文です

首位に“力負け”でクラブワースト10試合未勝利の名古屋 首位との一番の差は「止めて蹴ること」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/11(月) 8:10配信

新加入2人が先発出場も……

今季から小倉監督が指揮を執る名古屋グランパスだが、1stステージを14位で終えたクラブは、2ndステージ開幕後も流れを変えることができずに最悪のスタートとなってしまった。

7月2日に行われた2ndステージ開幕戦、大宮アルディージャとの一戦では最後まで得点が奪えずに敗北を喫した名古屋だが、大宮戦後にクラブはセレッソ大阪からMF扇原貴宏、FC東京からMFハ・デソンの獲得を発表。しかし、9日にホームスタジアムで行われた川崎戦ではその2人も先発起用されたが、0-3で敗れ、クラブワースト記録に並ぶ10試合未勝利となった。

川崎戦後、小倉監督は敗戦を振り返り「川崎相手といえど、新戦力が来た中で、なんとか勝ちを目指してやったのですが完敗ですね。力負けというような試合だったと思います」とコメント。その新加入選手、扇原とハ・デソンのパフォーマンスについては“組み立て”の部分で一定の満足を示しながらも「それぞれの選手とも、そこから次のプレイ、フィニッシュまでの形というのがなかなか見えてこなかったかなという感じがしました」と語った。Jリーグ公式サイトが同氏のコメントを伝えている。

また小倉監督は、首位を走る川崎との一番の差はどこにあるか聞かれると、「いろいろあるとは思うのですが、チームとしての組織力、攻守両面において非常に整備されていますし、単純に“止めて蹴る”のところ」と話し、「ポゼッションのところを考えると非常に技術が高いなというのは、見ただけでも、やはりリーグでトップを狙うチームだけのことはあるなと思います」と相手クラブを称賛した。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/11(月) 8:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]