ここから本文です

西岡良仁 初のTOP100入り、錦織に次ぐ日本勢2番手に<男子テニス>

tennis365.net 7月11日(月)17時8分配信

世界ランキング

男子テニスの7月11日付ATP世界ランキングが発表され、前週のニールセン選手権(アメリカ/ウィネテカ、ハード、ATPチャレンジャー)で今季初優勝を果たした西岡良仁(日本)が前回から22上げ、自身初のトップ100入りを果たした。

西岡良仁 今季初の「優勝!」

西岡は、10日まで行われていたウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で予選3試合を勝ち抜き本戦初出場を果たした。1回戦でS・スタコフスキ(ウクライナ)にストレートで敗れて大会初勝利とはならなかったが、翌週のニールセン選手権で今季初のタイトルを獲得した。

この活躍で自己最高位を更新し、自身初のトップ100入りとなる100位に浮上した西岡は、世界ランク6位の錦織圭(日本)に次ぐ日本勢2番手につけた。

7月11日付の男子ATP世界ランキングは以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■6位[ - ]…錦織圭
4,290ポイント(4,155ポイント)

■100位[+22]…西岡良仁
605ポイント(506ポイント)

■107位[-8]…杉田祐一(日本)
581ポイント(608ポイント)

■114位[-3]…伊藤竜馬(日本)
540ポイント(540ポイント)

■117位[-3]…ダニエル太郎(日本)
517ポイント(535ポイント)

■149位[+7]…添田豪(日本)
379ポイント(352ポイント)

tennis365.net

最終更新:7月13日(水)15時43分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。