ここから本文です

浅野代役は185cmの大型FW 広島に22歳ブラジル人が加入「自分のスタイルは必ず日本でフィットする」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月11日(月)10時10分配信

ウタカと共に得点量産なるか

サンフレッチェ広島は10日、ブラジルのトンベンセからFWアンデルソン・ロペスが期限付き移籍で加入することを発表した。

現在22歳のアンデルソン・ロペスはブラジルの強豪インテルナシオナルでプロのキャリアをスタートさせた185cm82kgの大型フォワード。2014年からトンベンセに所属しており、昨年はアヴァイ、今年はアトレチコ・パラナエンセといった国内クラブに期限付き移籍で加入していた。

広島にはアーセナルに移籍する浅野拓磨の“代役”とし、半年間の期限付きで加入することが決まった同選手はクラブ公式サイトを通じて、「日本は本当に素晴らしい国です。私は以前から、日本でプレイするという目標を持っていました」とコメント。「自分のプレイスタイルは、必ず日本でフィットすると思います。周囲の方は、日本はよいところだと話していたので、オファーをもらったときは、すぐに決断しました」と移籍の経緯を明かしている。

新たな助っ人が加入する昨年のJリーグチャンピンは現在、19試合を消化して首位まで12ポイント差の4位。前節は鹿島アントラーズと対戦し、浅野が2ゴールを記録したが2-4で敗北を喫した。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月11日(月)10時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]