ここから本文です

【MLB】田中将大、4回2死、勝利目前の降板に指揮官「そうせざるを得なかった」

Full-Count 7/11(月) 12:49配信

田中は7勝目逃すも、監督の決断でチームは勝率5割復帰で前半終了

 球宴前の最終戦となった10日(日本時間11日)敵地でのインディアンス戦に先発したヤンキース田中将大投手は、大量11点の援護を受けながら、5回途中10安打7失点で降板した。あと1死で勝利投手の権利が発生したが、ジラルディ監督は無情にも投手交代を選択。試合後の会見で「そうしたくはなかったが、せざるを得なかった」と苦汁の決断だったことを明かしている。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 初回から決して順調とは言えなかったマウンド上の田中だが、2回に1失点しただけで、なんとか大崩れせずに踏みとどまっていた。だが、味方打線が打者12人の猛攻で11-1と10点リードに広げた5回裏に崩れた。

 5回先頭サンタナに二塁打された後、1死を奪ったものの、3本の長短打で2点を失う。チゼンホールを一塁ゴロに打ち取って2死二、三塁。次打者デービスを遊撃ゴロに打ち取ったかに見えたが、ここで守備の名手グレゴリウスが一塁に悪送球して、走者2人が生還した。続くナキンが放った右翼への2ランで、田中はマウンドから引きずり下ろされた。

 試合後の会見で、ジラルディ監督は「ディディ(グレゴリウス)らしくないエラーで田中に4失点させてしまった」と、5回の不運に一定の理解を示しながらも、「あれだけ長いイニングになると、どういう結末を迎えるのか心配にもなる。球数もかさんでいたし、降板させなければいけないと思った」とチームの勝利のために、田中を降板させた経緯を語った。

 指揮官の英断の通り、田中からマウンドを継いだ2番手イオバルディが好救援し、その後はインディアンス打線を封じた。チームは11-1で勝利し、前半戦を勝率5割で終了。プレーオフ進出を目指して、後半戦から仕切り直しといきたいところだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/11(月) 12:49

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]