ここから本文です

アンリ氏もジルー&サンチェスの2トップをリクエスト 「なぜ人々は2トップを怖がるのか……」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月11日(月)13時50分配信

フランス代表でのパフォーマンスを評価

これまでアーセナルで多くの批判を浴びてきたフランス代表FWオリヴィエ・ジルーだが、今回のEURO2016では非常に優れたパフォーマンスを見せている。アントワーヌ・グリーズマンとの関係もよく、アーセナルサポーターはジルーの全く違う姿を見たと感じていることだろう。

英『sky SPORTS』によると、元アーセナルFWティエリ・アンリ氏はアーセナルでもジルーを2トップで起用すべきと進言している。同氏はジルーにはスピードが欠けているものの、ポストプレイは一級品だと認めている。アーセナルでも裏に走ってくれるグリーズマンのような選手と組ませる必要があると語り、指揮官アーセン・ヴェンゲルに2トップを勧めている。

「私はこれまで何度か言ってきたが、ジルーはとても良い選手だ。ただし、隣でプレイするパートナーが必要なんだ。ジルーはゴールに背を向けてのプレイが上手く、我々はアイルランド戦でもジルーがグリーズマンにフリックするところを見た。彼はターンしたりスピードに乗ることはできないが、グリーズマンとは素晴らしい関係を築いている」

「多くの人間はアーセナルに別のストライカーが必要と言うが、それはジルーをベンチに落とすべきという意味ではない。彼は誰かとプレイするべきだ。彼にはそうした特徴がある。私は彼のプレイが大好きだよ。私はなぜ人々が2トップを怖がるのか理解できない。今回のEUROでも多くのチームが2トップで成功を収めている。フランスもそうだし、イタリアもそうだ。私は何度かサンチェスがジルーの背後で良いプレイをしているところを見た。ジルーは裏に走り込んでくれる選手と組めばパーフェクトなストライカーだよ」

確かに今大会を通してもジルーの高さには世界のDFも手を焼いている。単純にジルーの頭に当てたところからチャンスになることも多く、アーセナルでもそうしたジルーの特徴を活かすべきだろう。今大会を通してジルーの2トップ起用を求める声は高まっているが、アーセナルは多額の資金を投じてストライカー獲りに動く必要はないのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月11日(月)13時50分

theWORLD(ザ・ワールド)