ここから本文です

涙の負傷交代も、EURO制覇で喜びを爆発させていたC・ロナウドのケガの状態は……

theWORLD(ザ・ワールド) 7月11日(月)16時0分配信

左ひざ内側側副じん帯損傷

10日、EURO2016はついにクライマックスを迎え、ポルトガルとフランスが決勝で激突した。試合は、ポルトガルが前半に絶対的エースであるクリスティアーノ・ロナウドの負傷交代を強いられたものの、途中出場のエデルのゴールで延長戦の末に勝利。悲願のEURO制覇を成し遂げた。

そんな中、スペイン『as』など複数メディアがロナウドのケガの状態を伝えている。同メディアによると、ロナウドは初期診断で左ひざ内側側副じん帯損傷、重度はグレード1と告げられたようだ。今後、さらに詳しい検査を行うようだが、8月9日に行われる日本代表MF清武弘嗣が加入したセビージャとのUEFAスーパーカップへ出場できるかは微妙とのことだ。

はたして、ロナウドは新シーズンの初戦に出場するのだろうか。昨季終盤からケガを何度か患っていただけに、この試合を休ませる可能性は十分にあるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月11日(月)16時39分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]