ここから本文です

12日、昼前から大雨の恐れ 注意呼び掛け 佐賀県内

佐賀新聞 7月11日(月)20時27分配信

 佐賀県内は12日の昼前から13日にかけて、梅雨前線の影響で雷を伴った激しい雨が降る恐れがあり、佐賀地方気象台が注意を呼び掛けている。

 気象台によると、12日は多いところで1時間に70ミリの雨が予想され、1日の雨量が250ミリに達する可能性がある。土砂災害や低地の浸水に加え、落雷や竜巻への注意も促している。

 11日の雨量は北山観測地点が最も多く、1時間で15・5ミリ、1日の雨量は40ミリだった。

最終更新:7月11日(月)20時27分

佐賀新聞