ここから本文です

準優勝に終わったフランスのグリーズマン「僕のゴールで優勝をもたらしたかった」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月11日(月)16時10分配信

ここまで順調だったフランスだが

彼はユーロ2016において最も輝いた選手だったが、美しいフィナーレを飾ることはできなかった。決勝戦でポルトガル代表に0-1と敗北したフランス代表のエース、アントワーヌ・グリーズマンが、その悔しさを露わにしている。

ユーロ2016が、グリーズマンの大会だったといっても過言ではないだろう。彼は6つの素晴らしいゴールを叩き込み、フランス代表の原動力としての役割を見せていた。しかしながら、グリーズマンが最後に手にしたのは優勝トロフィーではなくゴールデンブーツだ。大車輪の活躍を披露した25歳が試合後、決勝戦を振り返った。『UEFA.com』がグリーズマンのコメントを伝えている。

「僕らはここまで素晴らしい時間を過ごしてきたが、最後はとても残酷なものとなってしまった。この敗戦から多くを学ぶ必要があるだろうね。今夜の決勝戦では全員が持っているものを全て出し尽くしたよ。それだけに余計に残念だね。でも、僕はこのチームが誇るべきだと強く確信している。ここからより強くなることが大切だね。でも今は優勝を逃した喪失感の方が大きい。僕個人的にも、このユーロのタイトルは獲得したかったんだ。僕がゴールを挙げてフランスに優勝をもたらしたかったよ」

多くのフランス国民は決勝戦でグリーズマンやポール・ポグバの爆発に期待していたことだろう。準優勝に終わったこの悔しさをバネに、彼らがよりタフなチームとなっていくことを期待したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月11日(月)16時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]