ここから本文です

球団新記録の15連勝目指す日ハム、西川が先制打「1打席目が酷かったから…」

Full-Count 7/11(月) 19:24配信

レアードの押し出し四球でさらに1点追加

 球団新記録の15連勝を目指す日本ハムの西川遥輝内野手が、11日のオリックス戦(京セラドーム大阪)で先制タイムリーを放った。

 3回、1死から岡が三塁内野安打で出塁。続く西川はミッシュの高めカットボールを強振。右中間への二塁打で、一塁走者・岡が一気に先制のホームへ滑り込んだ。西川は「打ったのはカットだと思いますね。1打席目が酷かったからね。なんとか先制できてよかったです」とコメントした。

 さらに、中田、田中賢の連続四球などで2死満塁とすると、ここで先発の2番手・山崎福が救援。レアードが押し出し四球を選んで2点目を奪った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/11(月) 19:24

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]