ここから本文です

西武秋山が超美技 左中間への打球を逆シングルでスライディングキャッチ

Full-Count 7/11(月) 20:26配信

左翼方向へ切れていく打球へ一直線、先発・岸を救うファインプレー

 西武の秋山翔吾外野手が11日の楽天戦(西武プリンスドーム)で美守を見せ、先発の岸孝之投手を救った。

 3点リードの7回無死二塁。後藤の打球は左中間へ。左翼方向へきれていく左打者特有の打球だったが、中堅・秋山は落下点へ一直線。最後はグラブを逆シングルで出し、スライディングキャッチした。

 打球が抜けていれば、追撃となるのは確実だった。13、15年にゴールデングラブ賞に輝いた守備力を見せつけた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/11(月) 20:26

Full-Count

なぜ今? 首相主導の働き方改革