ここから本文です

パイェのチャレンジは危険だったか C・ロナウド母「サッカーは相手を蹴るスポーツじゃない」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月11日(月)17時38分配信

息子の負傷交代に心痛める

試合前からポルトガル代表のエースであるクリスティアーノ・ロナウドに厳しいチェックがくることは予想できていたが、その最初の接触でロナウドが足を痛めてしまうことになるとは誰も想像していなかっただろう。

これまでロナウドは怪我に強い選手として通っていたが、今回のフランス代表戦では後方からチェックにきたディミトリ・パイェの足がロナウドの左膝を強襲。ロナウドもパイェが飛び込んでくることは事前に予想できていたはずだが、あそこまで激しい当たりがくるとは思っていなかったかもしれない。

結果的にロナウドは前半25分でピッチを後にすることになった。これには多くのサッカー関係者が心を痛めたが、恐らく最も痛めたのは母親のドロレス・アベイロさんではないか。スペイン『MARCA』によると、アベイロさんは息子が無念の負傷交代を余儀なくされたことについて「私は息子のこんな姿を見ていられないわ。サッカーというスポーツはボールを蹴るスポーツであって、相手を蹴るスポーツではない」とコメントし、パイェの激しいチャージに不満を感じていることをアピールした。

まだポルトガルが優勝したために救われたところはあるが、これで仮に敗れていればポルトガルサッカーファンのパイェへの怒りはこんなものでは済まなかったはずだ。パイェもしっかりボールにアタックしていたが、同メディアはパイェのチャレンジは無謀なものだったと相手エースを傷つけた行為に不満感を示している。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月11日(月)17時38分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]