ここから本文です

現実路線でポルトガルを初優勝へと導いた指揮官「彼らは私の言ったことを信じてくれた」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月11日(月)17時50分配信

予選から途中就任でこの快挙

ポルトガルのEURO初優勝は指揮官の力といっても過言ではないだろう。

EURO決勝でフランスを下し、初優勝を決めたポルトガル。その立役者はEURO予選途中で就任したフェルナンド・サントス監督だ。クリスティアーノ・ロナウドというスターを生かすため、現実路線へと舵を切り、就任から一度も負けることなく快挙を成し遂げている。試合後、同監督のコメントを米『ESPN』が伝えた。

「我々はチームだと常に言ってきた。考えを隠すつもりはないし、選手たちにはいつも思いを伝えてきたよ。彼らには『才能はあるが、相手より走らないといけないし、戦わないといけないし、集中する必要がある』と話してきた。我々は驚くべきグループだ。彼らは私の言ったことを信じてくれたし、それがこのような結果につながった」

決して美しい戦い方とは言えないが、優勝という結果以上に評価されるものはない。フェルナンド・サントスという智将のもと、ポルトガルは真の強豪国として歩みを始めたのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月11日(月)17時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。