ここから本文です

球団新15連勝だけじゃない 日ハムで2つの“記録”、1球セーブ&28戦無失点

Full-Count 7/11(月) 22:51配信

守護神マーティンは球団6年ぶり1球セーブ、宮西は球団新28試合連続無失点

 日本ハムのクリス・マーティン投手が11日、今季初の1球セーブを挙げた。

 3点リードの9回2死一、二塁から6番手でリリーフ。一発同点のピンチで安達を外角カットボールで力のない右飛に打ち取った。昨年のヤクルト・バーネット以来、パ・リーグでは11年のソフトバンク森福、チームでは10年の武田久以来の1球セーブ。増井の不振でシーズン途中から中継ぎから抑えに転向。これで9セーブ目となった。

 また、4番手・宮西尚生投手は8回の1イニングを1安打無失点。球団記録を更新する28試合連続無失点となった。

 チームは球団新記録、歴代4位タイの15連勝。盤石のリリーフ陣がチームを支えている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/11(月) 22:51

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。