ここから本文です

球団新15連勝だけじゃない 日ハムで2つの“記録”、1球セーブ&28戦無失点

Full-Count 7月11日(月)22時51分配信

守護神マーティンは球団6年ぶり1球セーブ、宮西は球団新28試合連続無失点

 日本ハムのクリス・マーティン投手が11日、今季初の1球セーブを挙げた。

 3点リードの9回2死一、二塁から6番手でリリーフ。一発同点のピンチで安達を外角カットボールで力のない右飛に打ち取った。昨年のヤクルト・バーネット以来、パ・リーグでは11年のソフトバンク森福、チームでは10年の武田久以来の1球セーブ。増井の不振でシーズン途中から中継ぎから抑えに転向。これで9セーブ目となった。

 また、4番手・宮西尚生投手は8回の1イニングを1安打無失点。球団記録を更新する28試合連続無失点となった。

 チームは球団新記録、歴代4位タイの15連勝。盤石のリリーフ陣がチームを支えている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月11日(月)22時51分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。