ここから本文です

高すぎるポグバよりもポルトガル代表MFを狙う!? レアルが55億円を準備か

theWORLD(ザ・ワールド) 7/11(月) 18:10配信

ロナウドの同胞を狙う?

彼らはどうしてもMFの強化を実現させようとしている。高額なポール・ポグバの争奪戦から撤退したレアル・マドリードが、新たなターゲットを見つけ出したようだ。

サッカー史上最高額の移籍金を要するとも囁かれるポグバ獲得オペレーションは、もはやマンチェスター・ユナイテッドの独壇場と化している。彼らが今夏、新たに契約したエリック・バイリーやズラタン・イブラヒモビッチ、そしてヘンリク・ムヒタリヤンといった選手はすべて代理人ミーノ・ライオラ氏の顧客であり、もちろんポグバも彼の大口のビジネスパートナーだ。この敏腕代理人とユナイテッドの蜜月な関係性に嫌気がさしたのかは分からないが、レアルは魅力溢れる23歳のフランス人獲得を諦め、バレンシアのポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスにターゲットを切り替えたと英『sky SPORTS』が報じている。強豪バレンシアで通算63試合に出場した22歳のセントラル・ミッドフィルダーに対し、レアルは5000万ユーロ(約55億円に相当)を支払う準備があるとのこと。

現時点でバレンシアにポルトガル代表MFを売却する意志はないものの、市場の人気銘柄と化したゴメスにはバルセロナからの関心も伝えられており、今後もオファーを拒否し続けられるかどうかは不透明な状況だ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7/11(月) 18:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合