ここから本文です

EUROを制することはできなくとも評価する声 元ドイツ代表監督「2年前よりずっとよかった」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/11(月) 19:30配信

内容を評価

ドイツ国内は何も失望しているばかりではない。

フランスに敗れ、準決勝でEURO2016から別れを告げたドイツ。2008年は準優勝、2012年はベスト4だっただけに今回こそはと意気込んでいたドイツだったが、優勝という大きな目標を果たすことはできなかった。選手たちからは口々に失望が語られているが、元ドイツ代表監督で現在はレヴァークーゼンのSDを務めるルディ・フェラー氏は今大会のドイツを高く評価しているようだ。独『Bild』がコメントを伝えた。

「2014年ワールドカップのときよりも多くの点で今大会のドイツは上回っていた。ドイツより優れていたチームはほとんどいなかっただろう」

選手としても監督としても結果を残した同氏だけに、やや同情的な見方をしているようだ。内容で上回っていたとはいえ、EUROベスト4をワールドカップ優勝以上に評価する人々は少数派であることは間違いない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/11(月) 19:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]