ここから本文です

1stステージのリベンジなるか 川崎の大黒柱が負傷で約4週間離脱「正直ホッとしてます」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/11(月) 19:40配信

1stステージは中村不在で優勝を逃した川崎

川崎フロンターレは11日、MF中村憲剛が負傷により3週間から4週間ほど戦列を離脱することを発表した。

今季も川崎に欠かせない存在として君臨し、19節を終えて首位を走るクラブの攻撃を牽引している中村だが、9日に開催された敵地での名古屋グランパス戦では86分に名古屋MFイ・スンヒのタックルを受けて負傷交代を余儀なくされる。その名古屋戦から2日後、11日に川崎市内の川崎市内の病院で検査をおこなった結果、右足関節捻挫、長母趾伸筋挫傷、長趾伸筋挫傷と診断され、復帰までは3週間から4週間程度を要する見込みとクラブ公式サイトが発表している。

同日、中村は自身のTwitterアカウントで「ご心配おかけしてます。今日、診断を受けました。検査の結果、右足関節捻挫・長母趾伸筋挫傷・長趾伸筋挫傷ということで、復帰まで3~4週間程度を要する見込みとのことです」とサポーターに報告。「この期間で済んだこと、正直ホッとしてます。診断も受けましたし、1日も早い合流目指して頑張ります」と綴った。

大黒柱が一ヶ月ほど離脱する川崎は、13日にホームでアルビレックス新潟と対戦。その後は17日にジュビロ磐田、23日にFC東京、30日に湘南ベルマーレ、8月6日にヴァンフォーレ甲府、8月13日にサガン鳥栖と対戦する。1stステージ16節では中村不在でアビスパ福岡に勝利できず、鹿島アントラーズにステージ優勝を譲った川崎だが、今度は首位をキープして中村の復帰を迎えることができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/11(月) 19:40

theWORLD(ザ・ワールド)