ここから本文です

辛口で話題のドイツ代表OB、ポルトガル初優勝に不満「こんな戦い方で喜べるのか?」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月11日(月)23時0分配信

7試合でつかみ取った勝利は一度?

元ドイツ代表MFで現在は解説者を務めるメーメット・ショル氏がポルトガルの優勝に不満を示しているようだ。

解説者としてバイエルンやドイツ代表などに“かみつく”ように厳しい疑問を投げかけてきたショル氏。次のターゲットはEURO初優勝を果たしたポルトガル代表だ。ポルトガルは決勝でフランスを延長戦の末に下したものの、今大会全7試合のうち90分で勝利したのは1試合のみで、守備的なアプローチが目立った。そのような戦い方がショル氏にとっては不満だったようだ。

同氏は独『ARD』で「ポルトガルの人々はこれで喜べるかどうか私にはわからないね。ポルトガルの戦い方は将来のためにならない。これは一時の成功に過ぎないよ。バイエルンがUCL決勝でチェルシーに敗れたときを思い出すね」と話している。

決勝での戦いぶりには「優勝に値した」とコメントしたショル氏だが、前時代的なチームの優勝には納得できない様子だった。とはいえ、今大会はウェールズやアイスランドなどある種、前時代的なサッカーを展開するチームが躍進しており、サッカー界のトレンドは「守備」に傾いていっているともいえるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月11日(月)23時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。