ここから本文です

野党共闘も「力不足」 社民・森氏が敗戦の弁

カナロコ by 神奈川新聞 7月11日(月)2時49分配信

 社民党の森英夫氏(44)は11日午前0時20分ごろ、横浜市中区の事務所で「野党共闘の中で立候補したが、力不足だった。野党間の候補者調整がやはり必要だった」と敗戦の弁を述べた。

 現役の看護師として「命から考える政治」を提唱し、県連合代表を兼ねる福島瑞穂副党首とも連携。「戦争法」廃止や米軍基地撤去、脱原発などを訴えたが、他の野党候補との差別化を図れず、浸透できなかった。

最終更新:7月11日(月)2時49分

カナロコ by 神奈川新聞