ここから本文です

小中学生の33艇が競う 横浜でディンギーヨットレース

カナロコ by 神奈川新聞 7月11日(月)8時0分配信

 「第29回横浜港ボート天国」の開会式とディンギーヨットレース(主催・横浜港ボート天国推進連絡協議会)が10日、横浜市西区の臨港パーク前の海上で行われた。

 ディンギーレースは1人乗りの小型ヨットを使用し、市内3カ所のジュニアヨットスクールと千葉県から小中学生の33艇が参加。波が穏やかで南風が吹く絶好のコンディションの中、艇を巧みに操って着順を競い合った。

 横浜港では通常、ヨットの帆走はできないが、ボート天国では今後、範囲などを限定した上でヨットやモーターボートの体験乗船会、ブラインドセーリング大会、ヨットレースなど多彩なイベントを行い、港に親しめる場を提供していく予定。

 開会式で同協議会の藤木幸夫会長は「(横浜ベイブリッジより内側の)横浜港はコンテナを扱うのではなく、市民の皆さんに広く利用してもらい、観光にもつなげる港にしてきたい」とあいさつし、さらなる利用拡大を期待した。

最終更新:7月11日(月)8時0分

カナロコ by 神奈川新聞