ここから本文です

チームとの無線は「レギュレーション違反ではない」と主張していたロズベルグ

オートスポーツweb 7月11日(月)3時11分配信

 ニコ・ロズベルグは、F1イギリスGPでのチームとのギヤボックスに関しての無線のやりとりは、レギュレーション違反にあたらないと主張していた。 

序盤から波乱含み、50回目のシルバーストン

 レースでは2位でフィニッシュしたロズベルグだが、チームから「7速ギヤを飛ばせ」との指示を受けた無線交信が審議対象となり、10秒ペナルティの処分を受けた。ロズベルグは3位へ降格となり、ルイス・ハミルトンとのポイント差は1点に縮まった。

 ロズベルグは、ドライバーは「人の手を借りず、ひとりでクルマを運転すること」が義務づけられており、その規則を守ったため、ペナルティの対象ではないと信じていた。

「大きな問題だったよ。7速が使えなくなって、もう少しでマシンを止めるところだったからね」

「チームからはデフォルトにリセットするように伝えられ、直るかどうかトライした。規則には抵触していないよ」

 ロズベルグは、レース序盤にフェルスタッペンにかわされていたが、路面が乾き、ドライタイヤに交換したあとは自身が有利な立場であったという。

「彼とのバトルはクールだった。インターミディエイトのときは、そこまでバトルは多くなかったんだ。ドライになってDRSが効果を発揮するようになってから、彼のバッテリーがカラのときにつかまえようとしたけど、僕のバッテリーもカラになってしまってね……。彼はブロックが上手だったよ」

 一方で、イギリスGP通算4勝目を達成したルイス・ハミルトンは、レースをコントロールできたと満足している。

「快調に走って、レースをリードできた。後方のマシンとのタイム差も確認できていた。難しいコンディションだったからリスクは冒さなかったよ。序盤はオーバーステアだったけど、セクター2・3で速いのはわかっていた。セクター1だって、もっと速く走れた」

「できる限りのことはしたよ。とくにエンジンをいたわって走ったんだ」

「ファイナルラップからチェッカーを受けたあとの時間は、本当に最高だった。飛び跳ねたかったけど、クルマの中にいたからできなかった。本当にスペシャルだった。誇りに思うよ!」

 ハミルトンは自身の勝利とロズベルグのペナルティにより、ポイントリーダーを1点差まで追い詰めた。


[オートスポーツweb ]

最終更新:7月11日(月)3時12分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]