ここから本文です

マクラーレン「ホンダに敬意を表する。パワーユニットは順調に機能していた」/イギリス日曜

オートスポーツweb 7月11日(月)7時7分配信

 2016年F1イギリスGP決勝で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは13位、ジェンソン・バトンは12位だった。

2016年第10戦イギリスGP ウエットコンディションのなか走るフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
レーシングディレクター エリック・ブーリエ
 もちろんホームグランプリで12位と13位という結果には満足していない。
 
 そうはいっても、ジェンソンとフェルナンドには「よくやった」と声をかけたい。ふたりとも、極めて不安定なコンディションに見事に対処した。特に序盤はアクアプレーニングが生じる危険のある、難しいコンディションだった。

 彼らは決して諦めず、最後の最後までプッシュし続けた。フェルナンドがフェリペ(・マッサ)に決死の覚悟で挑んでいた際にコースオフを喫していなければ、彼は十分ポイント圏内に入ることができただろう。

 それからホンダにも敬意を表したい。週末を通してパワーユニットはスムーズに動いていた。

 次はハンガロリンクだ。その曲がりくねったレイアウトは、シルバーストンよりも我々のマシンパフォーマンス領域には合っているものと期待している。

 最後に大事なことを申し上げたい。マクラーレン・ホンダのメンバー全員を代表し、シルバーストンの観客の皆さんに「ありがとう」と申し上げたい。彼らは世界一のレースファンであり、レース序盤の土砂降りにも勇敢に耐え、母国のウイナーを大歓声で応援した。彼らの喝采の対象がマクラーレン・ホンダによる勝利でないことだけが残念だが、我々の時代がいずれ来るのは間違いない。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月11日(月)7時8分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。