ここから本文です

2位のフェルスタッペン「ダメでもともと、と思ってニコをアウトから攻めた」:レッドブル イギリス日曜

オートスポーツweb 7月11日(月)8時7分配信

 2016年F1イギリスGP決勝で、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは2位だった。3位でフィニッシュしたフェルスタッペンだが、2位のニコ・ロズベルグが10秒加算ペナルティを受けたため、2位に繰り上がった。

2016年F1第10戦イギリスGP表彰台 ハミルトン、ロズベルグ、フェルスタッペン

■レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 決勝=2位
 今日はものすごくペースがいいと思っていた。だから路面が乾いた後、プッシュしていこうと決めた。レース序盤は水しぶきがひどくて進行方向が見えづらかった。特にファーストセクターがひどかった。
 
 ニコを抜いた後、ルイス(・ハミルトン)に追いつけそうだと思った。そしたら彼はスリックに交換するためにピットに入ってしまった。

 僕らはピットに入るのが1周遅かったかもしれないけど、最終的に素晴らしいレースになったし、マシンはすごく好調だった。


 その後、ニコとは最高のバトルをしたよ。でも路面が乾いてからはメルセデスはストレートであまりにも速すぎた。
 
 後ろからのプレッシャーはなかったし、自分自身のレースに集中して、ついていこうとした。ターン1で何度か危ない瞬間があったので、そこでは慎重に行かなければならなかった。でも他の人たちも苦労していたんだってね。

 ベケッツでアウトから仕掛けるのは楽しかったよ。彼(ロズベルグ)はイン側に行ったから、「よし、アウトから行ってみよう」と思ったんだ。リスクのあるアクションだったけど、今日のマシンにはグリップがあったし、調子がいいと感じていた。あそこはランオフがあるから失敗しても行き場はあった。

 最終的に(ウイナーのハミルトンから)だいたい8秒差程度でフィニッシュできた。大きな前進といっていいと思う。ギャップは縮まってきているよ。

 ここのファンは素晴らしいね。歓声の大きさといったら信じられないほどだ。とても熱心に応援してくれた。もちろん彼らはルイスのファンだけど、僕のことも応援してくれたからすごくうれしかった。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月11日(月)8時43分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]