ここから本文です

マノーは揃ってコースオフ「コントロールを失いどうすることもできなかった」:イギリス日曜

オートスポーツweb 7月11日(月)11時53分配信

 2016年F1イギリスGP決勝で、マノーのパスカル・ウェーレインとリオ・ハリアントはリタイアに終わった。

F1最新フォトコーナー

■マノー・レーシングMRT
パスカル・ウェーレイン 決勝=リタイア
 僕にはどうすることもできなかった。ちょうどインターミディエイトに履き替えたばかりで、最初の1周を終えて戻って来たときに、ターン1でアクアプレーニングを起こしてコントロールを失ったんだ。そうなると、もう何もできなかったよ。

 あの時点では、どんどん乾きつつあるところもあって、そういう場所ではインターでも大丈夫だった。ただ、ああいう状況では、必ずどこかにインターで走るには水が深すぎる場所があるもので、そこで足元をすくわれる可能性がある。

 残念ながら、今回は僕にそれが起きたということだ。他にも同じ目に遭ったドライバーが何人かいるようだけど、こんな形で週末を終えることになって、とてもがっかりしている。

リオ・ハリアント 決勝=リタイア
 スタートの時点では路面はずぶ濡れだったけど、雨がやんでからは、周を重ねるごとに徐々に乾き始めた。実際、わずか17周のあいだに、フルウエットからスリックにまで履き替えることになったからね。

 スリックへの交換の判断は正しかったし、タイミングも良かった。僕がまだ濡れているところにタイヤを乗せてしまっただけだ。クルマが滑りだしてからは、僕にはもう何もできなかった。

 最終的に重要なのは、やはりレースの結果だけど、プラクティスと予選のプロセスにも大きな意味がある。僕らは全体としては良い週末をすごし、特に土曜日はポジティブな1日だった。だから、今回うまく行ったところにフォーカスを当てて、それをどう生かせばよいかを考えながら、次のレースに向けてプッシュし続ければいいと思う。今日の最終的な結果は、もう変えることができないのだから。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月11日(月)11時53分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。