ここから本文です

パーマー「走り出したらタイヤが1本なかった」:ルノー イギリス日曜

オートスポーツweb 7月11日(月)12時44分配信

 2016年F1イギリス決勝で、ルノーのケビン・マグヌッセンとジョリオン・パーマーはリタイアに終わった。

F1最新フォトコーナー

■ルノー・スポール・フォーミュラ1チーム
ケビン・マグヌッセン 決勝=リタイア
 レースの序盤は、路面がものすごく滑りやすくて、ところどころ濡れた部分も残っていたので、クルマのバランスという点でも難しかった。それでも最初からプッシュして、なおかつコース上にとどまり続けなければならないからね。僕もベストを尽くしたが、残念ながら今日の僕らには戦えるだけの速さがなかった。
 
 そして、終盤にギヤボックスに何か問題が起きている可能性があったので、大事を取ってリタイアすることにした。

 単純に今日は運に見放されていたんだ。これからあらゆる部分を見直し、さらに力をつけて次のハンガリーに臨むつもりだ。

ジョリオン・パーマー 決勝=リタイア
 僕のホームレースだったけど、今日は望んでいたような結果にはならなかった。 

 レース序盤にウエットタイヤで走っていた時にはかなり順調で、インターミディエイトに履き替えるピットストップもうまく決まったから、その時点では良いレースができそうに思えた。僕はケビンの前を走り、ロマン・グロージャンに追いつこうとしていた。

 ところが、スリックに交換するためにピットインして、グリーンライトを見てクルマを発進させたとき、右リヤタイヤの作業がまだ終わっていなかったんだ。僕はそのまま走り出してしまい、ピットに押し戻すのに1分近くかかったうえに、アンセーフリリースで10秒のペナルティまで受けた。
 残念な出来事だったけど、ピットレーンの上から下まで、どのチームでも起こりうることだ。

 その後、ギヤボックスのフィーリングがおかしくなり、すでに2周遅れだったこともあって、ギヤボックスを壊してしまわないようにリタイアを決めた。トラブルの原因は、これから徹底的に調べてもらう。

 ひとまず週明けのテストを楽しみにしている。そして、また次のレースの週末に全力を注ぎたい。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月11日(月)12時48分

オートスポーツweb