ここから本文です

新『スパイダーマン』トム・ホランド、高所からのお茶目なセルフィーが話題に

クランクイン! 7月11日(月)12時30分配信

 高校生のピーター・パーカーがスパイダーマンとなって活躍する新『スパイダーマン』でタイトルロールを演じるトム・ホランドが、スパイダーマンのコスチュームに身を包み、まさに“らしい”セルフィーを自身のインスタグラムに投稿した。

【関連】「トム・ホランド」フォトギャラリー


 地上にいるスタッフが見上げる中、どこかの建物の上にいるらしきトムがポーズを決めている一枚。新スパイダーマンの衣装の詳細が見える近さだ。トムはキャプションに「『Spiderman:Homecoming(原題)』の劇場公開まで1年あるけど、心構えはできてる?僕がちょっと前に撮ったセルフィーを見たいと思ってさ」と綴っている。

 2017年7月7日(現地時間)より全米公開の『Spiderman:Homecoming(原題)』。監督はホラー『クラウン』(15)のジョン・ワッツが務める。キャストはトムの他、ロバート・ダウニー・Jr.がアイアンマン役、映画『レスラー』(09)のマリサ・トメイがメイおばさん役、海外ドラマ『シェキラ!』のゼンデイヤがミシェル役、映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(15)のマイケル・キートンが悪役ヴァルチャー役…と、豪華スター陣が勢揃いする。

 トムのスパイダーマン写真を見たファンからは、「最高のスパイダーマン!」「この写真を見て大喜びしたよ。スパイダーらしいね」「スパイダーマンは適役だな。きっと凄いだろうね。ブラボー」「待てない!」といった熱いコメントが寄せられた。

最終更新:7月11日(月)12時30分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。