ここから本文です

順調に育ってます!“キューバの天才”モンカダがマイナーのオールスターでMVP受賞

ベースボールキング 7/11(月) 13:00配信

オールスター フューチャーズゲーム

アメリカ選抜 3 - 11 世界選抜
<現地時間7月10日 ペトコ・パーク>

 オールスターゲームに先駆けて行われるマイナーのオールスター戦「フューチャーズゲーム」が現地時間7月10日(日本時間7月11日)、サンディエゴのペトコ・パークで行われた。

 将来のメジャーを背負う逸材たちが一堂に会する夢の舞台。試合はアメリカ国籍の選手による選抜チームと、その他国籍の選手による選抜チームに分かれての一発勝負となる。

 試合はアメリカ選抜がチャンス・シスコの本塁打などで3点を先制。試合の主導権を握るも、6回に世界選抜が連続タイムリーで1点差に迫る。

 そして迎えた8回。1点を追う世界選抜は、3番ヨアン・モンカダが左中間スタンドへ逆転2ラン。レッドソックスの超有望株が一振りで試合をひっくり返した。

 押せ押せの世界選抜は9回に一挙7点を挙げる猛攻でトドメを刺し、最終的には11-3で大勝。MVPには逆転2ランを含む2安打・2打点のモンカダが選出された。

10球団以上が争奪戦を繰り広げた“キューバの天才”

 モンカダといえば、昨年の開幕前にアメリカ球界を大きく沸かせた超有望株の一人。“キューバの天才”と呼ばれた逸材は、メジャー未経験ながら3150万ドル(約31億5000万円)という異例の大型契約でレッドソックスと合意した。

 走攻守すべてにおいて高い評価を受けた次世代のスター候補は、「ドラフト候補生だったら全体1位でもおかしくない」との声まで挙がったほど。中には「Next ロビンソン・カノ」として紹介するメディアもあった。

 そんな超有望株は、昨年シングルAでいきなり81試合に出場。打率.278で8本塁打、49個の盗塁を決めるなど、1年目から持ち味を発揮してみせると、今季はシングルAで打率.307を記録。AAでも16試合で.328という高打率を残すなど、メキメキと頭角を現しつつある。

 大舞台でもその力を発揮してみせた逸材にかかる期待は大きい。将来のレッドソックスを背負って立つスーパースター候補のこれからに注目だ。

BASEBALL KING

最終更新:7/11(月) 13:00

ベースボールキング